適切な労働環境を求めた

とても快適です。
職業柄どこも人員不足な業界ですが、そうであるなら尚更、人間関係が大事であると思います。
前職場は無理なシフトやサービス残業等が特定のワーカーに集中しがちだったのに比べて、今の職場はシステムから逸脱しないことを前提にしているので個人に対しての無茶な要求がありません。
皆に平等に仕事を割り振り、人手が足りない時には上司も現場で働く気概を見せてくれるため、上下のコミュニケーションも良く取れて声が上に通りやすいので問題の解決も早いです。
時期的に大変な時には皆が少しずつ負担するので「何で自分だけ…」とモヤモヤすることもありません。
会社そのものの規模が前職場に比べ大きいのでシステムがしっかりしている部分か大きいとは思いますが、その上で今の上司の人柄がワーカー全ての意識を押し上げているように思います。
次に昇進して上司になるだろうワーカーも、この上司の方向性と同じようで、長く続けられる気がします。
上司の人格は非常に大切だと思いました。

快適な職場で快適な労働

今の職場に不満を抱えている理由が、自分への不当な負担要求であるなら、我慢していればいつか改善するかもしれないと思うのは妄想です。
自分が仕方ないと引き受けるほどにそれが当然になり負担は増えていくので、早目に見切りをつけてスキルを使ってより良い環境を求めるべきだと思います。

業種別の就業管理システム構築
飲食・小売りチェーン、製造業・工場、オフィス、派遣型業務・委託業務とジャンル別に構築が可能な就業管理とは
biz-work.jp/

«
»